Q:「インクを検知できません」の表示が消えません(永久チップモデル)

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

■カートリッジを入れなおす

1.解除レバーを抜く。
2.エラーの出ているカートリッジを抜く。
3.プリンタ電源を切る。(1分ほど)
4.電源を入れてカートリッジをゆっくりと挿す。
5.解除レバーを挿す。
6.インクを交換しましたか→はいを選択。


解除レバーの抜き差しはプリンタに【新しいカートリッジを挿入した】
というスイッチのオンオフ作業で毎回必須です。

また、プリンタ電源を切ることによりリセットされます。

■ICチップのズレ

他のカートリッジと見比べてみてICチップにずれはありませんか?
数ミリでもズレていると認識しませんのでご確認下さい。

■ICチップの接触不良

まれにカートリッジ前部が下がっていると
ICチップが接触せず認識不良を起こすケースがございます。

その場合は下記手順で挿入してください。

1.カートリッジ下部を右手人差し指で上にグッと押し上げて角度をつける。

前から

横からのイメージ

横から

2.左手親指でカートリッジをプリンタへ挿入する。

カートリッジ前部がさがらずに適切な角度でICチップがプリンタと接触します。

■認識パーツの有無

写真のようなパーツが脱落あるいは破損していると認識しません。
カートリッジをご確認ください。

LC211専用パーツ

LC211専用パーツですので、他の型番にはついていません。



こちらのパーツは全機種共通です。

上記の手順をすべて試してもうまく行かない場合は
【EICチェック済み、ICチップの台座は○タイプ、エラー番号は○(下記よりご選択ください)】
と記載の上、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

A.「インクを検知できません」
B.「インクカートリッジの型番が違います」
C.「インク量を検知できません」
D.「インクカートリッジがありません」または「インクカートリッジが無い」
E.その他(説明が難しければ撮影していただいたものを送っていただいても構いません)

ICチップの台座チェック方法はこちらを参考にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ