進化した2011年のブラザーのプリンタはここがスゴイ!

  公開日:2011/09/19
最終更新日:2012/06/22

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

新エンジン搭載により高画質&スピードアップ


2010年のモデルチェンジはマイミーオフリーが目玉でしたが、
今年はプリンタの基本性能であるプリント機能に力を入れたものとなっています。


その1~スピードアップの秘密はプリントヘッド~



従来のヘッドノズルは94個でしたが、
これが倍以上に増えました。
このことによりスピードアップを図ることができました。

どのくらい早くなったかというと
モノクロは約4倍、カラー印刷は約3倍以上のスピードアップです。

しかし、これだけがスピードアップの秘密ではありません。


その2~連続給紙システム~



今までのモデルでは下記の工程でプリントしていました。


1.1枚目の印刷が終了
2.2枚目の印刷のために用紙をセットする。
3.2枚目の印刷が終了。




1から2の工程へうつる時に用紙が完全に排出されてから用紙をセットしていました。
しかし、新モデルでは1の工程が終了する直前に2の工程へうつっているので、
用紙が排出されるのを待つまでもなく印刷がスタートするのです。


これにより連続で印刷する時に待ち時間が大幅に削減されました。


その3~自動両面印刷~



コスト削減ができると分かっていても、
急いでいるときはワザワザ用紙を裏返して印刷するのは億劫ですよね。
でも、自動両面印刷機能があればそんな悩みも解決します。

部単位でプリント設定すれば放置しておくだけで会議の資料が完成します。
さらに冊子本印刷をソフト側で設定するならコピー本が完成します。
同人印刷を格安でされたい方には朗報です。


その4~CDレーベル印刷~



今までのブラザーのプリンタで非常に要望が高まっていたにも
関わらずナカナカ実現しなかったCDレーベル印刷がついに搭載されました。

しかも、レーベル印刷用キットがプリンタ本体の上部に内蔵されていますから
キットをどこにおいたか探しまわらなくてもすぐに印刷ができます。


コピー機能


~自動両面コピー~


自動両面印刷はコピー機能でも使うことができますので、
裏表にプリントされている印刷物もADFに差し込んでおけば
誰でも簡単に自動両面コピーができます。


スキャナ機能


~フルフラットADF~


旧モデルではADF(自動原稿送り装置)が開放されたままでしたので、
ホコリがセンサー部分やローラーへ付着しやすい状態でしたが、
折りたたんで収納できるようになったため見た目もすっきりしました。

なお、MFC-J825NとDCP-J925Nのみ2400dpiまで対応しています。
その他のA4モデルは1200dpiとなっています。


新製品ラインナップ



※ファクス・コードレス電話付き・多機能モデル

MFC-J955DN/DWN
プリント/コピー/スキャン/ファクス/電話/3.3インチタッチパネル/ADF/有線LAN/無線LAN
MFC-J855DN/DWN
プリント/コピー/スキャン/無線ファクス/電話/3.3インチタッチパネル/無線LAN
MFC-J805D/DW
プリント/コピー/スキャン/無線ファクス/電話/3.3インチタッチパネル
MFC-J705D/DW
プリント/コピー/スキャン/ファクス/電話/3.3インチタッチパネル

※ファックス付き・多機能モデル

MFC-J825N
自動両面プリント/自動両面コピー/スキャン/ファクス/電話(外付け)/3.3インチタッチパネル/ADF/有線LAN/無線LAN

※多機能モデル

DCP-J925N
自動両面プリント/自動両面コピー/スキャン/3.3インチタッチパネル/ADF/有線LAN/無線LAN

DCP-J525N
プリント/コピー/スキャン/1.9インチタッチパネル/無線LAN


その他、細かいところでは消費電力量が削減。
ヘッド数がアップしたことによりさらに解像度がアップ!

といった点もあげられます。

 

同じカテゴリの記事を読む   ブラザープリンタの性能, 印刷品質, 印刷スピード  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ