91%以上のコストを削減。インク代を気にせず、プリントできる大容量・高品質のプリンターインク

純正インクがどれだけ高価なものかご存じですか?

パソコンが普及した現在、同時にプリンターを持つことが普通になりました。そして、最近では、プリンター本体の価格はドンドン安くなり、カンタンに買い替えられる状況になりました。

しかし、プリンターの本体は安くとも、インク代が高いことに変わりはありません

プリンターインクを3~4回購入すると、もう1台プリンターが買えてしまうほどです。(例えて言えば、自動車のガソリンを3~4回入れたら車本体が1台買えるようなものです。)

プリンターインクは、実は1CC 当たりで計算すると有名な高級酒「ドンペリ」よりも高いのです。ドンペリ69円に対して、純正インクは約100円になります。

インク1CC当たりのコスト

高級品と言われているドンペリでさえ、720mlで5万円ほどです。
同じ瓶に純正インクを詰めると、なんと7.5万円になるのです。

純正インクは1本1,000円ぐらいなので、ここまで高額なものとは想像できなかったと思います。

しかし、仕事では必須となってきたため、インクは買わざるを得ない状況です。

「純正インクは高い」と感じた方が次に使うのが「詰め替えインク」

インク

純正インクを使用していると、頻繁に(毎月のように)購入することになり、コスト負担を強いられます。

そんなときに、目に付くのが「詰め替えインク」です。詰め替えインクとは、空になったインクジェットプリンターのインクカートリッジにインク液のみ詰め替えて再利用するインクのことをいいます。

今でしたら「100円均一」にも詰め替えインクが売られています。

これらの詰め替えインクを使うことで、純正品のカートリッジよりも大幅なコストダウンが見込めます。また、カートリッジケースを複数回以上使い続けるため、ゴミの量の削減にもつながり、最近話題のエコ、地球に優しい製品といえます。

しかし、一度でも使用された方であればお分かりになると思いますが、詰め替えインクは品質に問題があります

印刷をし続けていると、目詰まりを起こしてしまい(プリンターヘッドの故障の原因になり)、最悪の場合は、プリンターを壊してしまうのです。

しかも、上手く行わないとインクが漏れてしまいます。手を汚してしまい、服につくとなかなか落ちませんので注意が必要です。

詰め替えインクが目詰まりを起こす理由

賢い方は、詰め替えインクと純正インクを交互に使っているようですが、ノズルが詰まる確率は純正に比べて高くなります。

安いというメリットがある反面、詰め替えインクの品質は良いとは言えません。印刷は粗く、くり返し使っているとプリンターヘッドが壊れることさえあります。

純正インクの粒子は微細ですが詰め替えインクの粒子は粗雑(粗大)なために目詰まりすることが多いのです。

純正インクが1.5pl(インク液の大きさ)に対して、詰め替えインクは、その数倍の大きさになります(実際の大きさはメーカーによってさまざまです)。

大きな粒になっているので、目詰まりが起きてしまうのです。

また、IC チップ付きカートリッジで詰め替えインクを使うには、カートリッジにインクを充填した後、リセッターでカートリッジの ICチップのリセット(初期化)が必要です。

ドリルで穴を開けてインクを注入するので失敗すると手や部屋が汚れて大変なことになります。

そこで開発されたのがインクコストを91%以上削減する「ビッグタンク」です

←前のページ『ビッグタンクの特徴』に戻る  ▲このページのTOPへ

プリンターインク削減・ブラザー(brother)プリンターの詰め替えインクなら「ビッグタンク」

このページの先頭へ