Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Q.「インクカバーを閉じて下さい」のエラーが消えません

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

「インクカバーを閉じて下さい」のエラーを消すためには?


内部スイッチ

インクカバーを閉めると内部スイッチが押されてエラー解除されます。
内部構造は基本的にどのプリンタも同じなのですが、
内部スイッチの位置は各機種により位置が微妙に異なります。

各プリンタにフィットするように開発はしておりますが、
すべての機種でテストを行うのはできないため代用品を使った方法をこの記事では紹介します。

解除レバー代用品

こちらはコンビニなどでもらえる使い捨てのスプーンです。
竹串やストローなどでも代用可能です。
ポイントとしては下記の点です。


内部で折れない丈夫なもの
幅広のもの(1センチ未満)
長さは12センチほど
(短いとカートリッジに固定しにくい)


実際に装着してみました。

解除レバー_2

装着手順

1.そっと差し込んでみる(強い力で挿入すると断線します)
2.コツっと当たるとそれ以上は突っ込まない
3.エラー解除されない場合はさらに深い位置(または浅い位置)に差し込んでみる
4.エラー解除される位置を探し出して輪ゴムやテープでカートリッジに固定する。


4225では写真の角度で解除されましたが、
他のモデルでは内部スイッチが前後するため必ずしも写真の角度で
エラー解除されるとは限りません。

慣れれば数秒で内部スイッチの場所を特定できます。




サブコンテンツ

このページの先頭へ