Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

ネットワークのプリンタ設定も簡単!DCP-J925Nのレビュー

  公開日:2012/02/14

※この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

本体サイズ

軽くてコンパクト。軽すぎてインク挿入時に動いてしまいます。
元箱も小さい。でかいのを想像していたのでビックリ。

レーベル印刷時に、背面を10cm以上開けないとダメなところが駄目ですね。
全体的にはADFもついてこのサイズなので、素晴らしいと思います。

以前使っていたCanon MP810より小さく、コンパクト。

横幅が狭くコンパクトです。但し奥行きは、複合機のためそれなりにあります。

量販店で見て「少し大きいかな…」と思っていましたが、
持ち帰ってみたら大丈夫でした。
思ったより大きくなく、小さな棚の上に乗っています。

ちょうどいいです。複合機ながらコンパクトで充分満足してます。

一般家庭では大きいかもしれないけれど、
スキャナを頻繁に使わなければスチールラックに
納めて置けるのでこれも許容範囲です。

このクラスのプリンターでは、薄型だと思います。
以前使用していたプリンターより機能が増えた分大きくなりましたが、
置き場所には特に困りませんでした。

スキャンも日常使う分には全く問題なく、満足いくレベルです。

ADFを使用せずにスキャナ・コピーをする際(本・冊子など)
フタ(ADF本体)を上げる際にADFのトレイ兼フタが
パタパタ動いて邪魔な所です。

デザイン性・ホコリ混入防止の為でこんな形になったのだと思いますが、
ハッキリ言って、DCP-J715NのADFの方が断然使いやすいです。

トレイ兼フタが開かないようにしっかりとした
ロックを付けるなど改善が必要なのかも・・・
正直言って、前モデルのADFに戻して欲しいですね。


大きさはMP600と同じくらいですが、
レーベル印刷の時に10センチ後方に飛び出るので、壁付けでの設置はできません。
なので、奥行きはプラス10センチと思っておいた方が良いです。


まとめ:“複合機としてはコンパクト”という評価が多数。
デメリットな点の声もふまえて、
設置予定の収納棚のサイズを測っておきましょう!
奥行きが余分に必要ですので、注意しましょう。



プリント性能

全く問題ありません。

あまり期待していませんでしたが、良好です。
4色インクでも発色に問題ありませんでした。MP560にくらべても遜色ありません。

こんなもんでしょう。写真はL判ぐらいなら特に問題なし。

写真も十分きれいで、何よりインクの消耗が思った以上に少ないので、
大変満足してます。

素人目には十分過ぎるほど綺麗です。

写真は6色インクには劣るだろうと期待していなかったのですが、
十分綺麗で驚きました。写真メインでなければ十分です。嬉しい誤算でした。


評価では、写真印刷はあまり期待しないほうがよい様な意見が多く
少し心配でしたが、購入してよかったです。

MP770購入時デジタル一眼、エプソン写真用紙A4ふちなし印刷の写真を
同じようにJ925Nで最高画質で印刷してみました。

色再現性、粒状感、暗部のノイズすべてJ925Nのほうが優れています。
写真印刷に強くこだわることがなければ、写真印刷目的でも十分だと思います。


「日常で使うに十分な画質を高コストパフォーマンスで」
という所に着眼点をおかれていますので、
極端に画質に拘るような人に印刷してあげるというようなことでもなければ、
画像・テキストいずれも必要十分だと思います。


インクジェット紙に写真を印刷すると、黒の顔料が使われ粒感が出てしまい
今ひとつですが、光沢紙の設定で写真を印刷すると黒の顔料は印刷から
除外され(ブラザーのQ&A参照)、
よほどのこだわりがなければ満足のいくレベルです。
L判写真のプレゼントにも堪えられると思います。

来年からはインクジェット年賀葉書を使わずに、
写真紙の年賀葉書を購入しようと思います。
モノクロ文書は黒がクッキリ冴えています。


気になるデメリット&改善策:


DVD&CDレーベル印刷については、
やはり発色が薄くあまり向いていないと思います。
※ディスクレーベル印刷のクオリティを求める方は
他のメーカーを考えた方がいいかも・・・。

便利だし、印刷の解像度、速度、静音など、
この値段なら文句のつけようは無いです。
ただ、写真をメインに考えるなら私はこの機種を選ばないと思います。


CD/DVD等へのレーベルプリント必須ということでこの機種にたどり着く方
も多いと思いましたので、 レビューします。
(当方、MacOSX10.6.8での使用です。)

1 フォントファミリー(例えばヒラギノ角ゴとか)の書体ウェイト
(W3とかW6とか)を選択できない。
2 テキスト入力ボックスでの<改行>が、編集画面および印刷に反映されない。
3 印刷結果がぼやけて薄い
  なんだか、解像度の低い画像を4~5倍引き延ばして印刷した、という印象です。
  好きな音楽を選曲して、CDに焼いて、十数曲の曲目リストを盤面にプリント、
  なんていうのは、印刷しても読めないと思います。
  フォントサイズ<6>以下だと文字の判読がむずかしいです。

レーベル印刷について他の方が書いていましたが、
Macで使う方はホントによ~く調べてから買った方がいいです。
今現在出ているプリンタドライバではMacからだとふちなし印刷ができません。
(MacOS 10.6.8 & 使用ソフト:プレビュー、
PhotoshopCS2、NikonViewNX2、CanonImageBrowserで試しました)

何度設定を変えても使うソフトを変えても変に端に寄った、
L判でもA4でも中途半端に白フチのついた状態になってしまい、
ネットで調べても新機種なので解決方法が見つからず。

サポートに問い合わせたところ、「余白を0にして下さい」・・・。
つまりMac版のプリンタドライバにはA4(ふちなし)等用紙の項目はありますが、
実際には余白がついたままで、ふちなし印刷はできないということだそうです。

結局カスタム用紙設定で新しく「A4ふちなし」を作り
余白を全て0にしてやってみたらA4ふちなし印刷はできました。

でも同じようにやってもL判では中途半端な白フチが出たままで、
この分だとハガキもふちなし印刷は難しそうです。

4色インクの割には写真印刷も速いし、
コピーもなかなか使いやすかったし、
ふちなし印刷を使わなければ文書印刷・両面印刷とも快適




2011/10/28現在ですが各社年賀状ソフトにおいて「両面印刷」が サポートされていません。
今後対応されるかも知れませんが、この機能に惹かれて購入希望の方はご注意を。

他社製専用ラベルソフトでは全く対応していないレーベル印刷が
まさか「筆まめ」で出来る様になるとは思いませんでした。思わぬ朗報です。

まとめ:上記の点、Macをお使いの方はぜひ参考になさってください。
総合的な意見として、期待度を超えてよい製品だということがわかります。
ただ家庭用プリンタに求めるレベルが人それぞれ違うので、
使用目的をはっきりさせてレベル基準を決定する必要がありそうです。



インターフェイス

付属CDでかなり簡単に設定できました。
(無線LANルータのスイッチを長押しして認識させると
勝手にPC側が設定してくれます。)

AOSS対応が非常に良かった。ボタン一発で簡単。(セットアップ時のUSB接続は不要)

有線コードの接続場所は無駄が多く不便

ワイヤレスでの接続は、快適で便利、
WIN,Mac両方のマシンで接続できるので大変便利です

無線LANでの接続により
プリンターとパソコンの配置が自由にできだいぶ便利になりました。

気になるデメリット&改善策:

WEBのホームページを印刷してみたところ、
テキストの文字には全く問題がなく、
ただ写真に多少ぼやけがあったので、
印刷品質をどこまで改善できるか試してみようと思い、
J515Nの時と同様、印刷オプションを調整してみました。

設定変更後、印刷してみると、写真の印刷品質が改善していました。
しかし、「おまかせ印刷」の「きれいに印刷」でも
ある程度の写真印刷品質の改善ができ、
通常使用なら、この設定変更は不要と思いました。

印刷オプションの調整をしなければ使い物にならなかった
J515Nとは全く雲泥の差の印刷品質だと思います。


11月23日、年賀状の試し印刷をしてみました。
通常印刷では写真の発色がいま一つだったので、
「きれいに印刷」で印刷してみましたが、印刷速度が遅く時間がかかりすぎました。
そこで、「印刷設定」を再度調整し、写真印刷品質の向上を試してみました。

「拡張設定」で、
カラー設定:画質強調 を選択、
カラー濃度:+2、
明るさ:+10、
コントラスト:+10、に設定し、「OK」を押し保存。

次に、「基本設定」で 印刷品質:最高画質 に設定、
カラーモード:ナチュラル を選択。「適用」を押して確定。
最後に、「おまかせ印刷を登録」を押し、写真画質向上と入力して命名し、「OK」を押して登録。


設定変更後印刷してみると、明らかに写真画質が向上しており、
写真のきれいな年賀状が印刷できました。
写真画質に不満がある方は、一度試してみてはどうでしょう。


12月2日、新ファームウェア 2011/12/01:ver.F に更新してみました。
「印字品質改善」と更新履歴にあったからです。

このほかにも AirPrint対応・Googleクラウドプリント対応・
クラウド接続機能対応・ 無線LANをWEP設定で接続した場合の
不具合修正 が今回の更新履歴にあがっています。

「~無線LAN経由での更新は保証できません。」と注意書きがありましたが、
無線LANのままでダウンロード・インストールし、問題なく更新できました。

更新後、印刷してみましたが、目的の印字品質改善は、
目立っては感じられませんでした。
AirPrint対応等が必要な方以外、
あえてファームウエアを更新する必要はないのではと思います。


まとめ:
無線LANを活用するなら、いつもより気軽に使えて印刷してみようと
作業意欲がわくかもしれませんね。

互換インクの購入をお考えの方はビックタンクをご使用頂ければ、
インクが早くへってしまう心配はありませんよ。


すべてのレビューはこちらから御覧いただけます。

価格コムのレビュー


Amazonのレビュー

 

同じカテゴリの記事を読む   DCP-J925N  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ