Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

ブラザーのプリンタで設定しておきたい節電対策

  公開日:2011/07/26

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

プリンタの待受電力を減らそう


プリンタが駆動しているとき以外はなるべく
消費電力を減らしたいですよね?

そんな時に役に立つのがスリープモードと照明ダウンタイマーの設定

工場出荷時にこの機能はオンになっているのですが、
スリープモードや照明ダウンタイマーまでの時間を
さらに短くすることにより待機中の消費電力を減らせます。


スリープモードの設定手順


<タッチパネルモデル>

    1.タッチパネルで、[メニュー]、[基本設定] の順に押します。

    2.上下の矢印を押して画面をスクロールさせ、
    [スリープモード] を押します。

    3.希望の時間を選んで押します。

    4.[停止/終了]ボタンを押して、設定は完了です。




<液晶ディスプレイモデル>


    1. 操作パネルの [メニュー]ボタンを押します。

    2.上下の矢印ボタンで 「基本設定」 を選択し、
    [OK]ボタンを押します。

    3.上下の矢印ボタンで 「スリープモード」 を選択し、
    左右の矢印ボタンで希望の時間を選んで [OK]ボタンを押します。

    4.[停止/終了]ボタンを押して、設定は完了です。




照明ダウンタイマーの設定手順


<タッチパネルモデル>



    1.タッチパネルで、[メニュー]、[基本設定] の順に押します。

    2.上下の矢印を押して画面をスクロールさせ、[画面の設定] を押します。

    3.[照明ダウンタイマー] を押します。

    4.目的の設定を選んで押します。

    5.[停止/終了]ボタンを押して、設定は完了です。




<液晶ディスプレイモデル>



    1.操作パネルの [メニュー]ボタンを押します。

    2.上下の矢印ボタンで 「基本設定」 を選択し、
    [OK]ボタンを押します。

    3.上下の矢印ボタンで 「画面の設定」 を選択し、
    [OK]ボタンを押します。

    4.上下の矢印ボタンで 「照明ダウンタイマー」 を選択し、
    左右の矢印ボタンで目的の設定を選んで [OK]ボタンを押します。

    5.[停止/終了]ボタンを押して、設定は完了です。





急な停電に備えよう


プリンタ内のデータで保持されるものと消去してしまうものがあります。
一度、停電で消失したデータの復旧はできません。
大切なデータは万一に備えて印刷しておくとよいでしょう。


停電になっても消去されないデータ



●電話帳
●各種登録および設定内容



停電が数時間続くと消去されるデータ


●着信履歴
●発信履歴
●通信管理レポート
●受信メモリー文書
●送信メモリー文書


また、あらかじめ停電になることがわかっている場合は、
プリンタが動作していないことを確認したうえで、
電源をオフにし、本製品の電源プラグをコンセントから
外しておくことをおすすめします。


上記の方法で設定ができない場合はブラザーのホームページから確認して下さい。

 

同じカテゴリの記事を読む   プリンタ活用法, その他、お知らせなど  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ