Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

ビッグタンクがもっとお得に!!インク内容量変更のお知らせ

  公開日:2015/09/14

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

進化する格安大容量インク


これまで、LC111、113用のインク充填済みカートリッジに関して、
当社のウェブページの中では、黒 90cc、赤、青、黄 各55cc
と記載していましたが、

新しいカートリッジケースへの変更に伴い、容量UPの
黒100cc、赤、青、黄各65cc
でお取扱いさせて頂くこととなりました!



*既に半年以上、新カートリッジ、増量タイプのものを販売しております。
動作や手順等に全く変更はございません。

見た感じ量が変わっていないと感じる場合、
すでに新タイプをお使いと思われますのでご安心ください。



以前より合計40ccほど内容量がアップしましたが、
日頃のご愛顧の感謝を込めて

お値段据え置き!!
194280

とさせていただきます!


お値段例:
LC113用インク充填済みカートリッジ
10,480円(税込、送料込)

補充用インク5本セット
12,980円(税込、送料込)


純正インクと比べてどのくらいお得か?の秘密


当社のウェブサイトには以前より
「充填済みカートリッジのみ4色のセットを
純正品に換算しますと13,230円相当(255ml)」
と記載していました。

ただ、実はこちら、かなり少なく見積もった数字になっています。

というのも、実は、ブラザーでは純正インクの内容量が公表されていないのです。
そのため、比較のために独自の実験による検証が必要でした。

その結果、上記の数字は純正インクの価格を1mlあたり約52円としていますが、
これは、間違いがあってはいけないと、かなりかなり少なく見積もった数字です。


ウェブで検索すると、同じように純正インクの内容量を検証されている方がおられ、
その中には黒で約15-22ml、カラーで約6-9mlしか入っていない、
という結果も見られます。

実際に販売されている純正インク4色セットLC113
(上記の検証結果を基にすれば21-31mlのセット)は、
価格.comで安く買っても4,135円ですから、

それらをもとに計算すると、純正インクの1mlあたりの値段は
133円~196円!にもなります。

この数字があっているとするならば、
ビッグタンク295ml分(販売価格10,480円)は
39,235円~57,820円の純正インクに相当することになります。

補充用ボトルインクセットなら(販売価格12,980円)
合計895mlの内容量ですから、
なんと119,035~175,420円にもなってしまいます!

近々、また改めて純正インクの内容量を検証する予定です。
結果が出ましたら、こちらでご報告致します

高すぎる純正インクは、コスト削減の大きなカギ


先日、興味深い記事をみました。

インク1mlは人の血液1mlより高価だ、というものです。
その高価さは、ウォッカやペニシリンも抑えてぶっちぎりのトップ。

Ink Costs More Than Human Blood


画像のデータはHP社の純正インクをもとに計算されたもののようですが、
どのメーカーでも、純正インクの高価さと、プリンタ本体ではなく
その後のインクの売り上げで収益を得るスタイルは同じのようです。

毎日のようにプリンタを使う人にとっては、やはり出費が痛いところ

これまでより、より一層お得になったビッグタンクを
ご家庭でも職場でも、コスト削減にお役立てください

 

同じカテゴリの記事を読む   その他、お知らせなど  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ