Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

2013年モデルのブラザープリンタが新発売

  公開日:2013/08/28
最終更新日:2013/08/30

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

PRIVIOのA4モデルが刷新


今回の発表で新モデルに刷新されたのは
BASICシリーズのみです。

NEOシリーズとWORKSシリーズについては変化なしです。
アメリカのブラザーではNEOシリーズの最新モデルが
発売されています。日本で発売されるかは未定です。


新しくSIMPLEシリーズにDCP-J152Nが登場


アジア圏ではおなじみですが、余分な機能を削ぎ落した
廉価なモデルがDCP-J152Nです。

液晶ディスプレイが小さく手差しトレイや自動両面印刷など
の機能がないためリーズナブルな価格で購入できます。

ただ、印刷スピードも他モデルよりも遅く
カートリッジ型番がLC110ということで
現在開発中のLC113用のビッグタンクが使えるかどうかは
現時点では不明です。

オープン価格ですが、DCP-J552Nと価格がほぼ変わらないのであれば
あえてこのモデルを選ぶ必要はないかもしれません。

その他のBASICシリーズの変更点




すべてのモデルに共通しているのが液晶部分が小さくなり、
タッチパネルがスマホを意識したような操作になっています。

なお、末尾の B/Wというのは本体カラーに
ブラックとホワイトの二種類あるという意味です。

2013年ファックスなしモデル

DCP-J952N-B/W
DCP-J752N
DCP-J552N


2013年ファックスあり子機なしモデル
MFC-J870N



DN/DWN というのは子機が荷台あるか1台のみかの違いです。

2013年ファックス電話付モデル
MFC-J890DN/DWN(無線ファックス対応)
MFC-J820DN/DWN(無線ファックス対応)

MFC-J980DN-B/DWN-B
MFC-J980DN-W/DWN-W
MFC-J720D/DW


詳しいスペックの違いは機種比較のページからご確認ください。

上記のモデルはカートリッジ型番がLC111ということで
現在開発中のLC113用のビッグタンクが使えるかどうかは
現時点では不明です。

スペック等に特に目新しい点はなく
現時点(2013/08/28)ではビッグタンクが装着できるかも不明です。

仮にLC113用のビッグタンクがLC111で使用可能と
確認できたとしてもカートリッジに付いている
ICチップの情報を書き換えるリセッターが必要ですから
余分な出費となります。


以上の点からNEOシリーズを検討中の方以外は
旧モデルのLC12対応のプリンタを購入するほうが
プリンタ本体価格、ビッグタンク導入価格のどちらにおいても
安く導入できます。


販売店から2012年のモデルがなくなりつつありますので、
値段が上がらないうちに購入されるのが得策です。

現時点でのLC113開発状況


リセッターの強度に問題があり、現在改良中です。
運用自体は順調にすすんでおり、今月から一般ユーザー様の
実機で試用する予定です。(K様ありがとうございます。)

問題がなければ9月か10月頃には発売開始予定です。


 

同じカテゴリの記事を読む   ブラザープリンタの豆知識, 各プリンタの特徴  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ