Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

2011年の年賀状はビッグタンクを使って家で安くプリント

  公開日:2010/12/17

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

年賀状の印刷は終わりましたか?



毎年、この時期になると悩みのタネになるのが年賀状。
個人用、ビジネス用と分けて送られる方も多いようですね。


知っておきたい用紙の種類



年賀はがきには次のような種類があります。


・普通紙はがき 50円
・インクジェットはがき 50円
・インクジェット写真用はがき 60円



ビッグタンクはすべて染料インクですので、
写真入りで年賀はがきを作りたいなら
インクジェット写真用はがきをおすすめします。


「写真クオリティの印刷は必要ない」
「シンプルなイラスト入りの印刷でいい」



という方にはインクジェットはがきで問題ありません。


普通紙はがきはニジミが目立ちますので
ビッグタンクを使ってプリントするのには向いていません。

購入されるときは十分注意してください。


また、年賀はがきは裏面のみインクジェットのコート加工がされています。
表面は対応していません。


年賀はがきで印刷を失敗しないためのチェックポイント



・紙の向きはあっていますか?


裏表、上下の向きを間違えてしまう印刷してしまうと
書き損じハガキとなり交換手数料がかかってしまいます。

そうならないために事前にはがきサイズの紙をカットして
プリント仕上がりを確認されるとよいでしょう。


・紙押さえは正しい位置にセットしていますか?


ブラザーのはがきトレイは両端の紙押さえが可動します。
紙押さえとはがきの間に隙間が空いていると
紙送りする際に斜めに送ってしまうことがあります。

しかし、きつく押さえてしまうと今度は紙を送れなくなりますので、
紙がスムーズに動く程度の隙間は必要です。

きつめに紙押さえをセットしたあと気持ち程度
広げるとちょうどいい隙間ができます。


住所録から宛名面をプリントするためのコツ


手持ちのコンピュータにワードが入っていれば
宛名面もドンドン印刷できます。

PC内のアドレス帳を活用することもできます。
くわしくはこちらをごらんください。


年賀状印刷を忙しくてオーダーに行けなかった方も
ビッグタンクを活用して自宅やオフィスで安くプリントできますよ。


ビッグタンクをオーダーする前に


普段、プリンタを全く動かしておられないで年賀状印刷のために
久しぶりにプリンタを動かしたらうまく印刷ができなかった!
という方がいらっしゃいます。

その場合ですと弊社のビッグタンクを取付けても当然、作動しませんので
オーダーされる前にプリンタが正常に動作するか確認してくださいね。

 

同じカテゴリの記事を読む   プリンタ活用法, ブラザープリンタの豆知識, ビッグタンクの導入メリット  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ