Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

コストパフォーマンスが高いMymio DCP-390CN

  公開日:2010/08/07
最終更新日:2010/09/30

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

Mymio DCP-390CNが安い

エントリーモデルのMymio DCP-390CN



LC11に対応しているMymioのシリーズのエントリーモデルです。
プリンター専用と割りきって使われる方なら
コストパフォーマンスに優れたこのモデルはおすすめです。


有線LAN対応なのでネットワーク設定も簡単



ネットワーク設定と聞くと初心者の方はハードルが高いように
お感じかもしれませんが、ブラザーのプリンターのネットワーク設定は
思ったほど難しくありません。


以下の手順でネットワークプリンターの設定ができます。




1.プリンターとルーター(またはハブ)を接続する。
【LAN接続アクティブ】の表示を確認してください。
2.ドライバとソフトウェアをインストールする。
(付属CDを使ってインストールを完了してください。)
3.インストールするパソコンの接続で【有線LAN接続(イーサネット)】を選択。
4.自動でインストールが始まるので終了したらPCを再起動をする。



上記の手順でネットワークプリンタとして使えるようになります。
詳しくは付属マニュアルの【かんたん設置ガイド - ネットワーク編 -】をご覧下さい。


スキャナボタンの設定は共有フォルダに保存しよう



プリンタに付属しているControlcenter3というソフトは
プリンタ本体のボタンを押したときに保存するフォルダと
ソフト上でクリックしたときに保存するフォルダと
別々に設定することができます。


保存先を共有フォルダにすれば他のPCからも参照できますので、
便利に使えます。


この本体に弊社のビッグタンクを装着すると
圧倒的なコスト削減効果が期待できます。

 

同じカテゴリの記事を読む   プリンタ活用法, 各プリンタの特徴, DCP-390CN  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ