Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

MyMio DCP-595CNが人気上昇中

  公開日:2010/08/12

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

Mymio DCP-595CNが大人気

Mymio DCP-390CNとの違いは?



DCP-595CNはDCP-390CNの上位機種となります。
Mymio DCP-390CNについて知りたい方は
【コストパフォーマンスが高いMymio DCP-390CN】
をご覧下さい。


DCP-595CNとDCP-390CNを比較すると下記のような
違いがあります。


無線LAN
ADF原稿自動送り装置 (原稿自動送り装置 )




無線LAN搭載でどこでもプリントできる




プリンタの設定で面倒な操作のひとつとして
無線を使ったネットワークプリンタの設定があげられます。


これが出来ればスペースを気にすることなくどこからでも
印刷できますので非常に便利です。


無線LAN接続を失敗しないためのコツ



ステップ1 : 無線LAN環境を確認しよう

●ワイヤレスルーターとパソコンが接続済み
●無線LANアクセスポイントはIEEE802.11b/gに対応


パソコンルーターにつながっていないと接続ができませんので、
まずはこれを完了させましょう。


ステップ2 : 設定に必要な情報を確認しよう

WPSとAOSSに対応している無線LANであれば、自動設定が可能です。


対応していないなら手動設定で設定できます。
自宅のネットワークにセキュリティ設定をされておられるならパスワードをあらかじめメモしておきましょう。


ステップ3 : ドライバとソフトウエアをインストールしよう

ここまでくればあとは付属CDからインストールするだけです。
その際には必ずセキュリティソフトを無効にしてからインストールして下さい。


手順さえ間違わなければものの数分で完了します。
詳しい手順については付属の【かんたん設置ガイド】のネットワーク編をご覧下さい。


うまくいかない時はこちらのよくある質問(ネットワーク関係)をご覧下さい。


ADF搭載で大量コピーとスキャン



最大15枚の連続読み取りができますので、
原稿の取り替えの面倒な作業が不要です。


ためしに30枚ほどADFに入れてみたのですが、
最初のページを重送(じゅうそう)してしまう可能性があるので、
一度に入れすぎないほうがよいでしょう。



ちなみにA3モデルのMFC-6490CNは最大50枚セット
できますので、ADFを重視される方は検討しても
よいかもしれません。


この本体に弊社のビッグタンクを装着すると
圧倒的なコスト削減効果が期待できます。

 

同じカテゴリの記事を読む   プリンタ活用法, 各プリンタの特徴, DCP-595CN  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ