Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Mymio DCP-J715NとMFC-595CNとの比較レビュー

  公開日:2010/10/25

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

Mymio DCP-J715Nが新登場

Mymio MFC-595CNとの違いは?



DCP-J715NはMFC-595CNの後継機種となります。
Mymio MFC-595CNについて知りたい方は
【MyMio DCP-595CNが人気上昇中】
をご覧下さい。


DCP-J715NとMFC-595CNを比較すると下記の点が変わりました。


液晶画面
対応メディア
重量




外形寸法はほぼ変わらずに軽量化




Mymio DCP-J515NとDCP-390Cとの比較レビューでも書きましたが、
TFT液晶になって見やすくなっています。


また、ADFを消費したときの電力が下がっています。
環境対策に力を入れているブラザーの特徴です。


対応メディアが変更


写真を保存するための対応メディアはトレンドと共に変化していきますが、
マイミーオでも淘汰されていっています。


お手元のメディアがダイレクトプリントに対応しているかどうか
チェックしておきましょう。


ダイレクトプリントに対応していないメディア

コンパクトフラッシュ(TYPE I)、
xD-Picture Card/TypeM/TypeM+/TypeH



上記のメディアを今まで使っておられた方は別途カードリーダーが
必要になりますので、ご注意ください。


一方、DCP-J715NからメモリースティックDuo/ProDuoに対応しています。
カードリーダー部分がなくなったためにプリンタ本体重量が600グラムほど軽くなっているのも
特徴です。

在庫僅か!Mymio DCP-J715Nを検討中ならMFC-495CNを狙おう!


今日の原稿を書いている時点(2010/10/25)でMFC-495CN
数百円の差で手に入れることができます。
この機種についての詳しい情報はMymio MFC-495CNのレビューの記事をご覧ください。


DCP-J715Nを検討中なら数百円足すだけでFAXが付いてきます。
旧モデルの在庫処分のためかなり安くなっていますので、
数に限りがありますから早いもの勝ちですよ~


この本体に弊社のビッグタンクを装着すると
圧倒的なコスト削減効果が期待できます。

 

同じカテゴリの記事を読む   各プリンタの特徴, DCP-J715N  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ