Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, class 'AGPressGraph\manipulator' does not have a method 'httpsCanonicalURL' in /home/tadaprint/tsumekae-ink.jp/public_html/brother/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

ブラザーのプリンターで最安プリンターDCP-390CN

  公開日:2011/02/09
最終更新日:2011/06/07

※この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

根強い人気のDCP-390CN


新しいモデルが出たにもかかわらず、
カカクコムの満足度ランキングでただいまトップ(2011年2月9日現在)
を走っているDCP-390CN。

以前このブログの記事でもDCP-390CNのおすすめポイントについて
書きましたが、皆さんのレビューを幾つかまとめてみたいと思います。



そこまでの品位を求めない、
(とは言っても、ぱっと見では差は無いですが)
家庭用の使用でしたら390CNはベストバイでしょう。

有線LANもすぐ設定出来ますし、
家中のどのパソコンからもアクセス出来るのは大変便利です。
購入価格は8000円程でしたし、
値段なりの商品かなと当初思っていただけに、ブラザー機、見直しました。



USB接続だけだと繋ぎ変えたり、
USBメモリなどでデータを移動させたりと面倒ですよね。
LAN接続のネットワーク印刷は複数のPCがある方には
おすすめの機能です。


日常使用には必要充分な性能を持っており、
高解像度の写真印刷をあまり必要とせず、
ルータ・スイッチの側に本機を設置するなど、
有線LAN接続で事足りる人であれば、
基本性能にほとんど差がなく9月現在14000円程度で販売されている
新機種J-515Nなどと比較しても、大変買い得だったと思います。

強いて難を言えば、他の方がコメントされている通り、
家電量販店に行くかネット販売でしかインク調達できず、
やや面倒なことでしょうか。。。
近場のスーパーやホームセンターには
キャノンとエプソンぐらいしか売ってないので。。。


しかしこれだけ複合機も安くなってくると、下手にインクを買い換えるより、
機種ごと換えてしまった方が気分的にも得かもしれません。
環境負荷を考えるとあまり良くないかもしれませんが。。。




せっかく、お買い得なプリンターを買ったのに
インク切れを起こしてしまっては意味が無いですよね。
ビッグタンクを購入してくださっている皆さんの悩み
共通しています。


「プリンタ」なんて、そんなに頻繁に移動して使うものじゃないので、
「無線LAN」の必要性については疑問を抱いております。
(過去にセットした機種では、よくプリンタをロストしてしまいました。)

いずれAC電源は必要になるのですから、
接続も「有線LAN」で充分なのではないでしょうか。
(ま、HUBからのバカ長いケーブルが必要にはなりますが、w)

その点、インターフェイスを「USB」又は
「有線LAN」に割り切ったことで、
かなりのコストダウンを図った当機は、賞賛に値するのではないでしょうか。



無線LAN接続が必須でない方には余計な機能がない分、
安く買えるほうがうれしいです。
DCP-390CNは有線LANとUSBだけですが、
ルーターの近くにおけるならベストバイです。



PIXUS MP500からの買い替えです

予算1万円前後
コピー・スキャナ機能有り
写真印刷の予定は無し
無線LANは必要無し

最終選考は
エプソン   PX-402A
ブラザー工業 MyMio DCP-390CN
の2機種

エプソン   PX-402Aのあまりの安っぽさに(家電量販店で下見の結果)
ブラザー工業 MyMio DCP-390CNに決定

デザイン良し、コンパクト
印刷速度も速い
音は多少煩いけど深夜じゃなければ問題無し
出力された物も特に不満無し
インクの交換も簡単

キャノン以外のプリンタは初めてですが
5年程度使えれば良いと思い購入しました。
購入後2週間ぐらいが経ちましたが問題ありません。

無線LANが必要無く、写真印刷もせず
一日に何十枚も印刷するようなユーザー以外には
良いんじゃないかと思います。

windows7でもちゃんと動作しました。



ブラザーのプリンターは安い割には筐体がしっかりしていると
評判が良いです。
他社からの乗り換えの方はそのように感じられる方が多いようです。


白い筐体の複合機が欲しかったので購入しました。

まずデザインありきだったのでデザインには満足。
ただ、記録紙トレイは肉薄でかなり華奢な感じがします。

今まではキヤノンのiP4200を使ってましたので比較すると、
○印刷はDCP-390Cのほうがやや遅いが問題なし。
○インクジェット専用紙(光沢紙ではない)での写真印刷では差がわからないほど上質。
○黒文字の印刷品位はDCP-390Cのほうがにじみが目立たずスッキリ。
○写真光沢紙での写真印刷はiP4200のほうが綺麗だが、両者を比較しない限りわからない。
○iP4200は背面給紙ができるので多彩な用紙が使える。DCP-390Cは記録紙トレイに収まる用紙のみ使うのが吉。
○音・振動はDCP-390Cのほうがずっと小さい。

複合機としての機能は必要と思われるものが一通り揃ってます。
ブラザーの複合機は初めてですが、いいものを作ってますね。

今後の機種に希望する点は
○封筒や厚手光沢紙が使いやすいように背面給紙も欲しい。
○無線LAN、FAX、ADF搭載機種にも白い筐体のものが欲しい。
○純正インクをもうちょっと安くしてほしい。





設置面積が小さく丈夫でで長持ちと印刷コストが安いので
BrotherのプリンターDCP115を愛用していましたが、
LAN機能がないので印刷の都度USBケーブルを
Makbook Airにつなぐのが面倒でこれに替えました。

有線LANですが無線ルーターに繋ぐので無線LANに、
印刷用紙は本体内に納まるので多機能LAN付きでは
これが設置面積最小。

詰め替えインクが売られているので印刷コストはやすい。
写真はViewerで見るので印刷することは滅多にありませんが
試しに付属のコート紙で印刷してみたら
光の当たらない暗い部分の詳細がよく出ていて
観賞に堪える画質でした。

私の場合は設置面積の都合で
この機種の他に選択はなかったのですけれど、
そうでなくても市場の実売価格を考えたらとてもお買い得だと思います。



このモデルはコンパクト設計を売りにしています。
ADFがないので、高さもおさえていますね。


約6ヶ月の使用ですがノズル詰まりなどの
トラブルは皆無で動作音も低く
全般的に満足度の高いプリンタとの印象です。

ルーターに接続して複数のパソコンから
アクセスできるのは思っていた以上に便利に感じています。

ただし写真印刷は青みが極端に強く出るなど
実用できる発色ではありませんので
小判トレーは葉書印刷など
色調が問題にならないものに限定したほうが良いでしょう。

後方のスペースが要らないので使い勝手は良いですし
高さが低くて上面が広いので使わないときは書類など置けて便利です。



旧モデルですので、数に限りがあります。
安いプリンタをお探しの方にはおすすめです。
これにビッグタンクを付ければ印刷代がほとんど気にならなくなりますよ。



下記より全部のレビューを見ることができます。

価格コムのレビュー
Amazonのレビュー

 

同じカテゴリの記事を読む   ビッグタンクの導入メリット, DCP-390CN  

►プリンターのインク代を91%削減するビッグタンクはこちら

 

インクの補充は簡単。小学生でもできます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ